安い費用で利用できる | 専門用語も訳する技術翻訳サービス|エンジニア不在でも心配御無用

専門用語も訳する技術翻訳サービス|エンジニア不在でも心配御無用

男女

安い費用で利用できる

社会のグローバル化に伴い、国内だけでなく海外に目を向ける企業は多くあります。海外に営業所や工場を建てる理由は、国内だけの狭いマーケットだけではなく、広い地域へ販路を広げる目的とともに、国内よりも物価や人件費の安い国に建てることでコスト削減を図るという意味合いがあります。そのため多くの企業では東南アジア近辺に工場や営業所を建てますが、中には香港に進出する会社もあります。周辺のアジア各国に比べ、香港はGDP比も高いため、営業所や工場を建てたとしても日本国内で建てる場合とそれほど違いはないのでは、と考える人もいるでしょう。しかし、香港は華やかなイメージがある反面、関税が掛からない国としても知られています。低所得者層も多く存在し、国内よりも安い賃金で労働者を雇用することができます。さらに無関税であることにより、日本国内の製品もたくさんの人が利用していることから、香港の人は抵抗もなく日本企業の商品を受け入れてくれるという土壌もあるのです。しかし、香港に工場や営業所を建てるとなると、最も大きな問題となるのが言葉による違いです。通訳サービスを請け負う会社に依頼すれば、本社からの指示をそのまま通訳し、現地の労働者へ時間のロスもなく伝えることができるでしょう。

香港で使われている広東語の通訳をする会社では、一文字につき10円から15円程度で通訳してくれます。たった一文字通訳するだけでも10円もの金額が発生すると聞けば、誰しも高額なサービスだと感じるでしょう。しかし、逆にいえば通訳した文章の文字数が少なければ、その分だけ費用を安く抑えることができるので、長い文章を通訳するのではなく、簡潔な指示だけを通訳してもらえば、安い費用で利用することもできるでしょう。マニュアルなどの翻訳を依頼する場合でも、一度翻訳してもらえば2度3度依頼することも無いので、支払うのは初期費用だけで済むでしょう。